イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第119回「イギリスの現代社会:文学2 -著名な作家たち9人」

2020/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

イギリスの著名な作家たち9人

ジェーン・オースティン(1775 – 1817)

ジェーン・オースティン(Jane Austen)は、イギリスの小説家です。彼女の作品には、『高慢と偏見』(“Pride and Prejudice“)や、『分別と多感』(“Sense of Sensibility“)があります。

 彼女の作品は、結婚や家族関係と関わりが深いものが多く、その中の多くが、TV番組になったり、映画化されたりしています。

チャールズ・ディケンズ(1812 – 70)

 チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)は、数えきれないほどの名作小説をこの世に残しています。その作品には『オリバー・ツイスト』(“Oliver Twist“)、『大いなる遺産』(“Great Expectations“)などが含まれます。

 彼の作品からの引用句やキャラクターを日々の会話の中で聞くこともあるはずです。

 例えば、『クリスマス・キャロル』(A Christmas Carol)に登場する意地悪い「スクルージ」(Scrooge)はクリスマスシーズンには欠かせない存在ですし、チャールズ・ディケンズの8番目の小説『デイヴィッド・コパフィールド』(“David Copperfield“)に登場する、貧乏だがいつも希望に満ちている「ミスター・ミコーバー」(Mr. Micawber)も有名ですね。

ロバート・ルイス・スティーヴンソン(1850 – 94)

 ロバート・ルイス・スティーヴンソン(Robert Louis Balfour Stevenson)は、大人にも子供にも、今日時代を超えて読み継がれている本を書きました。

 彼の最も有名な本は『宝島』(“Treasure Island“)、『誘拐されて』(“Kidnapped”)、『ジキル博士とハイド氏』(“Dr. Jekyll and Mr. Hyde“”)などがあります。

 どれも日本の図書館にある名作ですよね。

トーマス・ハーディ(1840 – 1928)

トーマス・ハーディ(Thomas Hardy)は、作家であり詩人でもあります。彼の最もよく知られた作品は、田舎社会に焦点を当てた小説集で、『遥か群衆を離れて』(“Far from the Madding Crowd”)や、『日陰者ジュード』(“Jude the Obscure”)があります。

アーサー・コナンドイル(1859 – 1930)

 アーサー・コナンドイル(Sir Arthur Conan Doyle)は、スコットランド人の医者で作家でもありました。

 この人は日本でも至極有名で、未だにファンが多いですよね。1800年代後半から1900年代前半の人だったとは!驚きです。言わずと知れた、「シャーロック・ホームズ」シリーズの生みの親ですね。シャーロック・ホームズは、最初の架空の探偵の一人なのだとか。

イーヴリン・ウォー(1903 – 66)

イーヴリン・ウォー(Evelyn Waugh)は、風刺的小説を書きました。彼の作品には、「衰亡記」(“Decline and Fall“)、「スクープ」(”Scoop”)などがあります。一番有名なものは、『ブライヅヘッドふたたび』(“Brideshead Revisited“)でしょう。

キングズリー・エイミス(1922 – 95)

キングズリー・エイミスKingsley Amis)は、イギリスの小説家で詩人です。20以上の小説を書き、その中でも最もよく知られるのは、『ラッキー・ジム』(Lucky Jim)です。

グレアム・グリーン(1904 – 91)

 グレアム・グリーン(Graham (Henry) Greene)は、宗教の信条に影響された小説を書きました。「事件の核心」(“The Heart of the Matter”)、「愛と名誉のために」(“The Honorary Consul”)、「ブライトン・ロック」(“Brighton Rock“)、「ハバナの男」(“Our Man In Havana“)です。

 私はほとんど知らないのですが、彼の作品はほとんど映画化されています。これを書いている最中に夫が偶然、グレアム・グリーンの”The end of the Affair”を読んでいたので、イギリスではかなりの王道作家なんでしょうね。

J・K・ローリング(1965 – )

 J・K・ローリング(J k Rowling)は、児童文学「ハリー・ポッター」シリーズで世界的な成功を納めました。知らない人はまずいませんね。彼女は現在大人向けのフィクションも執筆しています。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p86 – p86

concern | v. relate to; be about:

expectation | n. a strong belief that something will happen or be the case in the future:

obscure | adj. not discovered or known about; uncertain:

satirical | adj. containing or using satire:

satire | n. the use of humor, irony, exaggeration, or ridicule to expose and criticize people’s stupidity or vices, particularly in the context of contemporary politics and other topical issues:

decline | v. (typically of something regarded as good) become smaller, fewer, or less; decrease:

scoop | n. a piece of news published by a newspaper or broadcast by a television or radio station in advance of its rivals:

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

今日の問題

What are titles of 2 novels by Charles Dickens?

1. Harry Potter
2. Pride and Prejudice
3. Great Expectations
4. Oliver Twist

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第120回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.