イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第123回「イギリスの現代社会: アートと文化の総まとめ2(演劇)」

2020/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第111回 イギリスのシアター/演劇

ウェストエンド

劇場地区、シアターランド(Theatreland)としてよく知られている、ロンドンのウェストエンドは、特に有名です。

ねずみとり」(The Mousetrap)— 日本でも有名なミステリーの女王アガサ・クリスティ(Dame Agatha Christie)原作の、殺人事件推理ものの劇。

ミュージカル

19世紀には、ギルバート・アンド・サリヴァン(Gilbert and Sullivan)が喜劇的な内容を持つコミック・オペラを書きます。

[ギルバート・アンド・サリバンの作品]

アンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)の、特にティム・ライス(Tim Rice)(よく作詞担当)とのコラボレーション。

[アンドリュー・ロイド・ウェバーとティム・ライスのコラボ作品]

第112回 パントマイム/エディンバラ・フェスティバル・フリンジ/賞

パントマイム

 パントマイムは、イギリスの伝統芸の一つです。クリスマスには沢山の劇場でパントマイムが上演されます。

 クリスマスに行われるパントマイムは、おとぎ話(Fairy tales/stories)を題材にした愉快なもので、音楽やコメディーと共に、家族によって楽しまれます。

エディンバラ・フェスティバルとフリンジ(the Fringe)

 エジンバラ・フェスティバルは、毎夏スコットランドのエジンバラで行なわれる芸術祭の総称です。

 エディンバラ・フェスティバルでは、様々な芸術や文化の祭典がなされ、その中でも、最も大きく、よく知られているものは「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ(フリンジ)」(Edinburgh Festival Fringe (“the Fringe”))です。

 ローレンス・オリヴィエ賞(Laurence Olivier Awards)が、一年に一回ロンドンの様々な会場で開かれます。

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第124回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.