イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第131回「イギリスの現代社会:映画2」

2020/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

俳優

ちょっと古い俳優

  幅広い人気映画で主演する俳優がイギリスから生まれています。数人リストアップしてみましょう。

最近の有名なオスカー俳優

 イギリスの俳優は人気があり、世界中で賞を贈られたりしています。最近のオスカーを受賞した俳優もあげてみましょう。知っている人も多いのではないでしょうか。コリン・ファースあたりは問題でもみた気がします。

 また、英国映画テレビ芸術アカデミー(British Academy of Film and Television Arts(BAFTA))が主催する、オスカーと同等の賞である「英国アカデミー賞」(British Academy Of Film)も、一年に一度の英国アカデミー賞として知られています。

有名なイギリスの映画11選

  1. 三十九夜」(The 39 steps) (1935) —  監督:アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)

  2. 逢びき」(Brief Encounter) (1945) — 監督: デヴィッド・リーン

  3. 第三の男」(The Third Man) (1949) — 監督 : キャロル・リード

  4. “The Belles of St Trinian’s“(邦題見当たらず)(1954)— 監督:フランク・ローンダー

  5. アラビアのロレンス」(Lawrence of Arabia) (1962)— 監督:デヴィッド・リーン

  6. 「恋する女たち」(Women in Love)(1969) — 監督:ケン・ラッセル

  7. 赤い影」(Don’t Look Now)(1973) — 監督:ニコラス・ローグ

  8. 炎のランナー」(Chariots of Fire)(1981) — 監督:ヒュー・ハドソン

  9. キリング・フィールド」(The Killing Fields) (1984)— 監督:ローランド・ジョフィ

  10. フォー・ウェディング」(Four Weddings and a Funeral) (1994)— 監督:マイク・ニューウェル

  11. 運命を分けたザイル」(Touching the Void)(2003) —監督:ケヴィン・マクドナルド

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p91 – p91

star | v. If a film, play, etc. stars someone, or if someone stars in a film, play, etc., they are the main actor in it:

belle | n. a beautiful and attractive woman or one who is beautifully dressed.

chariot | n. a two-wheeled vehicle that was used in ancient times for racing and fighting and was pulled by a horse or horses.

void | n. a large hole or empty space:



By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第132回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.