イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第137回「イギリスの現代社会:レジャー総まとめ2(映画)」

2020/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第130回 映画産業1

 自分は、この映画の章においてどの作品が誰かを覚えるのがすごくしんどかったのを覚えています。フラッシュカードなんかでさっくり暗記してしまった方が早いかもしれません。

 覚えるべきは、注意点5つ、俳優さん9人と映画作品は11個ですと言えば、そんなに多くなく聞こえますか? 頑張ってください。

第131回 映画2

古い俳優 4人

最近の有名なオスカー俳優5人

有名なイギリスの映画11選

  1. 三十九夜」(The 39 steps) (1935) —  監督:アルフレッド・ヒッチコック(Alfred Hitchcock)
  2. 逢びき」(Brief Encounter) (1945) — 監督: デヴィッド・リーン
  3. 第三の男」(The Third Man) (1949) — 監督 : キャロル・リード
  4.  “The Belles of St Trinian’s“(邦題見当たらず)(1954)— 監督:フランク・ローンダー
  5. アラビアのロレンス」(Lawrence of Arabia) (1962)— 監督:デヴィッド・リーン
  6. 「恋する女たち」(Women in Love)(1969) — 監督:ケン・ラッセル
  7. 赤い影」(Don’t Look Now)(1973) — 監督:ニコラス・ローグ
  8. 炎のランナー」(Chariots of Fire)(1981) — 監督:ヒュー・ハドソン
  9. キリング・フィールド」(The Killing Fields) (1984)— 監督:ローランド・ジョフィ
  10. フォー・ウェディング」(Four Weddings and a Funeral) (1994)— 監督:マイク・ニューウェル
  11. 運命を分けたザイル」(Touching the Void)(2003) —監督:ケヴィン・マクドナルド

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第138回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.