イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第169回「イギリス政府と法律:刑事法廷2 – 刑事裁判所」

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

刑事法廷(Criminal Courts)

 前回もお話ししましたが、さっとおさらいしておきましょう。「刑事法廷(Criminal Courts)」というジャンルには、それぞれの事件の性質ごとに分割される大きな3種類の裁判所/法廷があります。

 1つ目は、前回取り上げた、軽微な事件を取り扱う「治安判事裁判所(Magistrates’ and Justice of the Peace Courts)」、2つ目は、重犯罪を扱う「刑事裁判所(Crown Courts and Sheriff Courts)」、そして3つ目は「少年法廷(Youth Courts)」です。2つ目を今回は取り上げて行きます。

刑事裁判所
(Crown Courts and Sheriff Courts)

 イングランド、ウェールズ、北アイルランドでは、重罪は「刑事裁判所(Crown Courts)」で判事と陪審員によりとり扱われます。

 スコットランドでは、重罪は、判事(sheriff)や、判事(sheriff)と陪審員と共に、「Sheriff Court」(刑事裁判所)により取り扱われます。また、スコットランドでは、殺人などの最も重い事件は、「刑事上級裁判所(High Court)」で、判事と陪審員により取り扱われます。

 ちなみにスコットランドでは、sheriffというと「判事」”(in Scotland) a judge.”(by oxford dictionaries)の事を指すようです。sheriffといえば、アメリカの西部劇に出てくる保安官を思い浮かべるかもしれませんが、スコットランドでは意味が違うのですね。

陪審員(jury)

 陪審員は、地域の選挙人名簿からランダムに公共的に選ばれたメンバーで成り立っています。

 イングランド、ウェールズ、北アイルランドでは、陪審員は12人です。スコットランドでは、陪審員は15人で構成されます。

 陪審員として召集された全ての人は、例えば、刑事上有罪判決を受けたことがあるなどで適任ではない限り、もしくは、健康上の問題などのもっともな理由を提示できない限り、この陪審員を遂行する義務があります。

陪審員は、裁判で提示された証拠を聞き、聞いた事を基盤にして、有罪か有罪でないかの評決を確定しなければいけません。

 スコットランドでは、有罪か無罪かという2つの選択のほかに、「証拠不十分(not proven)」という3番目の評決が存在し、その選択も可能です。もし、陪審員が被告人を有罪であると評決を決めた場合は、判事は刑罰を決めます。

まとめ

[刑事裁判所]

  • イングランド、ウェールズ、北アイルランド — Crown Courts (刑事裁判所)
    • judge/jury (判事と陪審員)
  • スコットランド — 1. [重犯罪] Sheriff Courts(刑事裁判所)
         —2. [最重大犯罪] High Court (刑事上級裁判所)
    • sheriff/jury (判事と陪審員)

[陪審員]

  • イングランド、ウェールズ、北アイルランド – 陪審員の数:12人
    • 評決:有罪/無罪
  • スコットランド – 陪審員の数:15人
    • 評決:有罪/無罪/証拠不十分

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p130 – p130

jury | n. a body of people (typically twelve in number) sworn to give a verdict in a legal case on the basis of evidence submitted to them in court:

summon | v. authoritatively or urgently call on (someone) to be present, especially as a defendant or witness in a law court:

conviction | n. a formal declaration that someone is guilty of a criminal offense, made by the verdict of a jury or the decision of a judge in a court of law:

defendant | n. an individual, company, or institution sued or accused in a court of law:

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

今日の問題

Which 2 courts deal with minor criminal cases in the UK?

1. justice of the peace court
2. centre court
3. crown court
4. magistrates court

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第170回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.