イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第20回「イギリスの歴史:ヘンリー8世の後継者達」

2020/03/14
 
ロンドン市内
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

エリザベス1世

さあ、クイーンエリザベス1世のお出ましです。

イギリスの王/女王の名前の話

ちなみに、現在のクイーンのエリザベスさんは「エリザベス2世」です。

 イギリスの王や女王には、とにかく同じ名前が多いので、それぞれのファーストネームが重なるごとに数字を増やしていった訳ですね。

今からこの章で取り扱うエリザベス女王は、エリザベスという名をもって女王の地位についた初めての人なので「エリザベス1世」になります。

 その後私達の代になるまで「エリザベス」というファーストネームをもった女王が現れなかったので、現在のエリザベス女王はエリザベス2世という訳です。

 適当ですね。笑。

また、このエリザベス1世が統治した時代はElizabethanとも呼ばれます。
 この女王が女王として素晴らしく有能であったので、こういう時代の呼び名までついてきます。

エリザベス1世の両親

さて、この人の両親は誰だったでしょうか?

そう、父はヘンリー8世、そして母はその処刑された2番目の妻、アン・ブーリンです。

 エリザベス1世の父親はヘンリー・チューダーですから、ここでもまだチューダー朝が続いている訳ですね。

これを忘れてしまった人はこちら

復習は上記のリンクをクリック!

エリザベス1世と宗教

 エリザベス1世はプロテスタントでした。

 彼女は、イングランド国教会を再構成し、正式に国の公的な教会として承認します。  

 ヨーロッパ全土に広まった宗教改革ののち、誰がどの信仰を抱いているのかという事に敏感になった社会が生まれたのですが、エリザベス1世はこのバランスをうまく修正します。 

 当時人々はそれぞれの地域に設置された教会に出向かなければならず、それぞれの宗教の宗派によって祈りやしきたりが違いました。

  しかしエリザベス1世はその境界をはっきりと分けることはせず、人々の信仰が実はどちらに属すのかを追及しようとはませんでした。  

 そうすることによって、過激なプロテスタント派とカトリック派のバランスを取ることに成功したわけですね。

 イングランドの国内で宗教内紛が起こるのを避けた訳です。  

エリザベス1世は、イギリスの歴史上、その君主の中でも最も人気のある一人です。

アメリカ入植者

また、エリザベス1世の時代に、イギリス人の入植者が初めてアメリカの東海岸に移住(入植)し始めます。

 これも重要事項です。

 この時にアメリカに渡った人の多くは、次の世における2人の王の持つ宗教的価値観に疑問を抱いていた人々で、次世紀には入植希望者がだんだんと増えて行くことになります。

アルマダの海戦とエリザベス1世

 特に1588年にスペインの艦隊アルマダを倒してからは、より一層人気に拍車がかかるようになりました。 

1588年イギリスがスペインの無敵艦隊アルマダに勝利  

 これは、スペインが当時イングランドを征服してカトリックを復興しようとした戦いです。

 これの背景は、ヘンリー8世とその1番目の妃キャサリン・オブ・アラゴンの娘、メアリー1世が、スペインの国王フェリペ2世と結婚したことにあるとも言われています。

 このメアリー1世は、母親に従い敬虔なカトリックだったのですが、義姉のエリザベスの母親を、自分の母親を蹴落とした女として憎んでいました。

 その後スペインとの国交がとても悪くなったこともあり、このフェリペ2世がいろいろなものの腹いせに、イングランドを征服してカトリックを復興しようと試みます。

 そしてこれは失敗に終わりますね。

ドレイク船長

Sir Fransis Drakeの絵
Sir Fransis Drake 1540 – 1596

 その無敵艦隊アルマダを破った軍を率いた軍人の一人に、フランシス・ドレイク船長(Sir Francis Drake)がいます。

 この人がした歴史的な物事を以下にリストアップしましたので見て見ましょう。

  •  スペイン無敵艦隊アルマダを破った軍の指揮官の一人
  •  彼の船 Golden Hindでイギリス人として初の世界一周を達成する

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p24-p24

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

日本語チーターシートは以下をクリック!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください

reign |n.[C] the period of time when a king or queen rules a country:

persecute |v. to treat someone unfairly or cruelly over a long period of time because of their race, religion, or political beliefs, or to annoy someone by refusing to leave them alone:

circumnavigate |v. sail or travel all the way around (something, especially the world):

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries

今日の問題

Which of the following statements is correct ?

1. In 1588 the english defeated a Spanish invasion fleet of ships.

2. In 1588 the english defeated a German invasion fleet of bomber planes.

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第21回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.