イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第33回「イギリスの歴史:ジャコバイト(Jacobites)」

2020/03/21
 
ロンドン市内
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

ジャコバイトたち

前回のまとめ

  さて、前回までは、名誉革命でしたよね。

 オランダから来たプロテスタントのオレンジ公ウィリアムがカトリックのジェームズ2世を破り、その妻と共に王位を継承しました。そしてジェームズ2世はフランスへ亡命します。

ジェームズ2世のサポーター

 ジェームズ2世はしかし、なんだかんだで王族の一人です。まだ、色々な思惑を持った人々や純粋にその王族の権威を信じているサポーターたちがまだ存在する訳ですよね。

 特にスコットランドには、ジェームズ2世のサポーターがいました。

 このサポーターたちがジェームズ2世の後援として、軍事反乱を起こそうとします。

 このサポーターたちをジャコバイト(Jacobite)と言います。

 「ジャコバイト(Jacobite)」は、イングランドで起こった名誉革命の反革命勢力の通称で、このグループは主にスチュアート家の王位継承を望んでいたグループと言われています。

 ジェームズはチャールズ2世の兄弟なので、ジェームズ・スチュアートですよね。

ジャコバイトはなんでジャコバイトか?

 ジャコバイトはなんで日本のふりかけのじゃこ(雑魚)みたいな名前なのでしょう。笑。

 この疑問に対しては、いくつかのサイトが「それがJames」のラテン語綴り+発音であるからだと述べています。

 分かりやすいです。

ジャコバイトの反乱

 ジェームズ2世を信奉するこのスチュアート王家復興支援団であるジャコバイトは、名誉革命の本勢力に対し、スコットランドで反乱を起こします。

 ジャコバイトこの反乱は、「キリクランキーの戦い(the Battle of Killiecrankie)」で制圧され、終わりを迎えます。

 時に、スコットランドの氏族というのがいましたよね。

 みなさん覚えていますでしょうか。

Scottish Clansというあいつらです。お忘れの方は以下の「スコットランド」の項目を参照ください↓

 さて、この、スコットランドで力を持つ氏族たちは、このキリクランキーの戦いののち、全員がオレンジ公ウィリアム3世を王として受け入れるという誓いに公的に同意する事を求められます。

グレンコーの虐殺

 スコットランドの氏族の中でも、マクドナルド・グレンコー(MacDonald Glencoe)はハイランドの有力氏族の一つでした。

 この氏族は誓いを行ったにもかかわらず全員殺されてしまいます。

 これは、名誉革命派の策略だろうと言われています。元々このスコットランドの氏族たちはジェームズを慕う反名誉革命派だったので、言いがかりをつけて反対勢力を抹殺してしまったのですね。これにより、名誉革命派の評判も落ちます。

 これはグレンコーの虐殺と呼ばれ、ここからスコットランドとイングランドの関係が悪くなっていきます。

 この虐殺が意味したのはつまり、スコットランドの人々の一部は名誉革命後の新政府を信頼していなかったということです。

 幾人かがジェームズ2世の王位継承権の正当さを信じて共にフランスへと亡命します。

 特にスコットランドの人々です。

 フランスに逃れることのできなかったジャコバイトたちは、以後殺されないようにひっそりと秘密裡にジェームズを後援するようになりました。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p-p

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

oath |  a promise, especially that you will tell the truth in a law court: 誓い/誓約

massacre | n[c] an act of killing a lot of people: 虐殺

rightful |  A rightful position or claim is one that is morally or legally correct: 正当な/合法的な

exile |  the condition of someone being sent or kept away from their own country, village, etc., especially for political reasons: 亡命 国外追放

Jacobite ジャコバイト

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第34回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.