イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第64回「イギリスの歴史:第二次世界大戦の始まり」

2020/05/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

前回のお話

 そう言えば、前回はInter-War Period、日本語にすると、第一次世界大戦と、第二次世界大戦の「両大戦間の狭間の時代」のお話でした。

 第一次世界大戦が終わった1918年から、1920年代の10年間と、第二次世界大戦の開始である1939年までの20数年間の間に、大恐慌が起こったりしましたよね。

 そして、造船業などの伝統的な重工業はひどく打撃をうけて多くの失業者を生み、新しく出てきた新工業(自動車や航空産業)は大恐慌の中でも飛躍的に経済力を伸ばしていきました。

 時代の変わり目の真っただ中です。

 今までイギリスの歴史を古代から大まかに散策している訳ですが、ここまで来ると,誰でも知っている内容になってきますね。つまり、Life in the UKの歴史パートがもうすぐ終わるかもしれないという事です!

 そして本日は、第二次世界大戦の勃発についてです。行きましょう!

第二次世界大戦の始まり

アドルフ・ヒットラーとイギリス政府

 アドルフ・ヒットラー (Adolf Hitler)を知らない人はこの世界にはいないでしょう。

 1933年 アドルフ・ヒットラーはドイツで政権を勝ち取ります。

 ヒットラーの信じるところは、第一次世界大戦において連合国側によりドイツに課された状況は公平ではないというものでした。また、彼はもっと多くのエリアをドイツ国民のために征服しようとも考えていました。

 ヒットラーは、第一次世界大戦で連合国側から課された条約の再交渉と、軍備増強、そして近隣の国々でドイツ軍の強さを試験する試みに着手しだします。

 当時、世界は第一次世界大戦後20年も経っていない時期でしたので、そもそもイギリス政府は、また別の戦争をする事を回避しようとしていました。

 しかしながら、アドルフ・ヒットラー率いるドイツが1939年にポーランドを侵略した時に、イギリスとフランスがこの武力侵略を止めようと、ヒットラーに宣戦布告をします。

 第二次世界大戦の勢力

 戦争は、最初「枢軸国」(Axis Powers)と「連合国」(Allies)との間で起こりました。

 枢軸国は、「独裁的国家社会主義」とも翻訳される「ファシスト(fascist)」の筆頭ドイツ、イタリア、そして、大日本帝国(the Empire of Japan)で成り立ちます。

 どこか複雑な響きです。イギリスの歴史を古代からここまでやってきた上で、やっとこの教科書のこの部分で初めて日本が紹介されたような気がします。

 連合国は、イギリス(UK)、フランス、ポーランド、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、そして南アフリカ連邦(the Union of South Africa)とで構成されていました。

 ということで、こういう舞台設定で、次はヒットラーや日本を含む第二次世界大戦がどう動いていったかに突入するわけです。今日はとりあえず舞台設定だけにしましょう。

どうでもよくないかもしれない話

 余談ですが、最近、ヒットラーに憧れる少年と第二次世界大戦を舞台にした素晴らしい映画、”Jojo Rabbit“が公開され、これはとにかくものすごく秀逸な作品であるので、良ければ一度見てみてください。

 世界の色々なものは、平家物語のように諸行無常なのだなという事がよくわかった作品でした。私たちは、本当に、洗脳されやすい生き物なのです。

 その劣等感は、本当にあなたが感じたものでしたか?「あなた」というものが何なのかを、そもそも考えたことがありますか?

 と、いうことでボキャブラリ!

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p48 – p49

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

come to power | To gain some degree of political power, as through election or appointment.

the Allies | the nations that fought together against Germany in World War I or World War II

renegotiate |v.negotiate (something) again in order to change the original agreed terms:

treaty | n. an agreement or arrangement made by negotiation:

aggression | hostile or violent behavior or attitudes toward another; readiness to attack or confront:

the Axis | the alliance of Nazi Germany, Fascist Italy, and Japan, established in 1936 and lasting until their defeat in World War II

the Allies | the countriesincluding the U.S., the U.K., the USSR, and France, that fought against the Axis countries in the Second World War

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

もしこの記事が何かに役立ちましたら、

下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第65回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.