イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第66回「イギリスの歴史:第二次世界大戦3」

2020/05/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第二次世界大戦3

前回までのお話

 さて、ヒットラー率いる軍隊がフランスに押し寄せてきて、イギリス 海軍はフランスのダンケルク(Dunkirk)まで追い詰められます。

 そして首相になったばかりの軍事リーダー、チャーチルが、市民ボランティアを巻き込んで避難作戦を決行し、これが大々的な成功を納めます。「Dunkirk Spirit」と言う言葉が生まれました。

 しかしまだ、ヒットラーが強者の理を知っている時代ですね。さて、どうなるでしょうか。

英国空中戦(Battle of Britain)

 さて、ヒットラーはもちろん、イギリスも、これから侵略したい国の一つとして眼中に入れていました。しかしながら、軍隊を送る前に、まずドイツは制空権を獲得する必要がありました。

 ドイツはイギリス に対し空中戦を仕掛け続けましたが、イギリス はドイツの戦闘機に抵抗し、最終的には主要な空中戦でドイツを負かします。

1940年の夏のこの空中戦は、「英国空中戦 Battle of Britain」と言います。

この空中戦で使われた最も重要なイギリス空軍(王立空軍/Royal Air Force)はスピットファイア(Spitfire)とハリケーン(Hurricane)でした。この機体はイギリスで設計され組み立てられたものです。

 そうやって自国の技術の素晴らしさをちょっとアピールしている訳ですね笑。

Blitz

 さて、この英国空中戦でのイギリス側の勝利に関わらず、ドイツ空軍はロンドンや他のイギリスの都市を、夜間に爆弾で攻撃し続けました。

 この夜間の爆弾攻撃を、Blitzと言います。

Battle of BritainとBlitzは必須ですので、それらが何であったかをうっすら覚えておきましょう!

 Blitzにより、コベントリー(Coventry)と言う工業都市がほぼ完全に破壊され、他の市も多大な損害を被りました。特に、ロンドンのイーストエンド(East End of London)は特に酷い損害を受けたようです。

 この損害にも関わらず、イギリスには抵抗する強い国民精神が芽生えていました。

「the Blitz spirit」と言うフレーズは、今日でもまだ、困難を目の前にしてイギリスの人々が一致団結する事を述べるのに使われたりします。

 これ私たちは”R”と”L”の発音に弱いので、このBlitz Spiritを”Brits spirit”という勘違いをしても意味は通っているように見えますが、この最初のblitzは、全然違う意味です。

blitz – an intensive or sudden military attack、と言うことで、今日はここまでにして、明日は、チャーチルについて詳しく見て行きましょう!

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p69-p69

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

send in | v. To cause (someone) to arrive in or become involved in a particular place or situation:

wage | v. carry on (a war or campaign):

campaign | n. A campaign is a planned set of activities that people carry out over a period of time in order to achieve something such as social or political change.

crucial | adj. decisive or critical, especially in the success or failure of something:

aerial | adj. existing, happening, or operating in the air

Royal Air Force | the British air force, formed in 1918

despite | without being affected by; in spite of:

blitz | n. an intensive or sudden military attack:

a great deal of | a large quantity

pull together | to unify, consolidate, or join together the efforts or resources of a group orteam.

in the face of | In spite of; notwithstanding./ When threatened by or confronted with.

adversity | n. difficulties; misfortune:

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

今日の問題

Which is correct?

1. The battle of Britain in 1940 was fought at sea

2. The battle of Britain in 1940 was fought in the skies

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第67回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.