イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

日本語チーターシート30 (範囲:第108回 芸術と文化 -音楽/第109回 イギリスの音楽家たち -Part2/第110回 現代の音楽と音楽祭)

2020/06/27
 
草原を走るチーター
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第108回 芸術と文化 -音楽

venue | n. コンサートなどの会場。ウェディング会場のこともwedding venue と言いますね。

abbey | n.寺院/大修道院

oratorio | n. オラトリオ;《祈祷所 (きとうしょ) の意》宗教的な題材をもとに、独唱・合唱・管弦楽から構成される大規模な楽曲。オペラとは異なり、演技を伴わない。

 第109回 イギリスの音楽家たち -Part2

hymn | n.(教会の)賛美歌,聖歌

pomp | n. 威厳の誇示

choir| n.このクワイアと読む単語は、「聖歌隊」という意味だけが書かれているところが多いですが、普通のコーラスなどの合唱隊も指します。特に教会の聖歌隊だけに限りません。

第110回 現代の音楽と音楽祭

flourish | v. 栄える、繁盛する

capacity | n. 最大限の収容能力

innovation | n. 新しいものを打ち出したり導入したり生み出したりして、それが改革や革新につながること。

up-and-coming | adj. 成功の見込みあるーー

Eisteddfod | n. アイステズボド。ウェールズのダンスや音楽祭などのイベント

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.