イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

イギリスで日本の運転免許証の公式翻訳:「自動車運転免許証抜粋証明書」を申請する方法まとめ。

2020/02/05
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

自動車運転免許証抜粋証明」 の取得

 日本の運転免許証をUKの運転免許証へと切り替えようとする時には、まず「自動車運転免許証抜粋証明」が必要書類となってきます。
 この書類を出してもらうには、まず、在英国日本大使館への書類申請が必要となります。それに必要なものをまとめると、以下の通りです。

 必要なもの

直接在英国日本大使館へ向かう場合:

  a. 必要事項が記入された申請書 (記入例)
  b. 有効期限内の日本の運転免許証
  c. 申請者の有効期限内のパスポート

投函による申請の場合:

  a. 必要事項が記入された申請書 (記入例)
  b. 有効期限以内の日本の運転免許証
  c. 申請者の有効期限内のパスポートのコピー (顔写真のページのみ/記載事項変更の旨がある場合はそのページも含む)

投函を選んだ場合は、在英国日本大使館の送付先住所は以下です。
送付先: Certificate Officer, Consular Section, Embassy of Japan 宛  101-104 Piccadilly, London W1J 7JT
--------------------------------
受領時 手数料:£14.00

 a,b,cの書類を揃え、直接在英国日本大使館に向かいましょう。もしくは、a,b,cの書類を上記の送付先に書かれた在英国日本大使館の住所宛に投函しましょう。
 
 投函するにせよ、直接在英国日本大使館へ向かうにせよ、いずれにせよ、 在英国大使館から連絡があった後、大使館まで出向いて書類を受け取らねばならないようです。

 手数料は、その受領の際に支払う仕組みになっています。

 所要時間

申請受理後、2営業日後に発給。/

(例:月曜日に申請を受理した場合,水曜日に発給。(閉館日がない場合))

在英国日本大使館公式ホームページ より

 どうやら、申請書が大使館の担当の者の手に渡ってからの、2営業日ですから、この書類に関しましては、時間的には余裕を見ておいたほうがよさそうですね。
 大使館の担当員が申請書を受け取り次第、証明書の受領に関して連絡をしていただけるようですので、その時に受領をいつにすればいいかなど、相談してみましょう。
 郵便物にトラッキング機能をつけておき、届いているはずの次の日、もしくはその次の次の日に、もしまだ連絡がないなどの事態があれば、在英国日本大使館の該当の連絡先まで問い合わせてみましょう。

ヒント


 投函するにせよ、直接在英国日本大使館へ向かうにせよ、在英国日本大使館から連絡があった後、大使館まで出向いて書類を受け取らねばなりません。
 そう考えると、申請には投函を選んでおき、受領の時だけロンドンの在英国日本大使館に出向方が、交通費がかからず、効率が良いかもしれません。

 手数料は、証明書受領の際に支払うので、受領の際はパスポートと手数料(£14)を持って行きましょう。

尚、大使館はカードを受け付けていないので、現金を持って行かなければいけません!


 全てスムーズに事が運べば、以下のような「自動車運転免許証抜粋証明」を獲得できます。

  ※注記:今回、 「自動車運転免許証抜粋証明書」の取得方法を簡単にまとめました。情報更新は定期的にするようにしていますが、値段の変更や記載事項の変更があるかもしれませんので、必要書類が整った後は、在英日本国大使館のホームページにある「自動車運転免許証抜粋証明書」の項目に今一度目を通して、最新の情報確認をお願いします。

英国古本屋のライター:K・T・エリーズ

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.