イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第124回「イギリスの現代社会:アートと文化の総まとめ3(アート)」

2020/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第113回 イギリスのアート

中世のアート

 さて、中世では、ほとんどのアート作品が、宗教をテーマにしていました。西洋美術史で昔に遡ると、この頃のほぼ全ての油絵やフレスコ画(教会の壁絵など)は、聖書の1シーンなどを表現したものです。

 特に、教会の壁絵や宗教関連の本のイラストなどは、宗教そのものが表現された作品でした。しかし、このほとんどの作品が、プロテスタントの宗教改革後に失われます。

海外出身の画家

 さて、16世紀や17世紀のイギリスで活躍していた画家の多くは、海外出身者でした。例えば、以下の2人が有名です。

ギャラリー

 ターナー賞(Turner Prize)は、1984年に創設され、コンテンポラリーアート(現代アート/美術)作品におくられるものです。

第114回 有名なイギリスのアーティスト10人

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第125回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.