イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第134回「イギリスの現代社会: イギリスのパブやナイトクラブ/SNSの使用など」

2020/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

ソーシャル・ネットワーキング

 イギリスでは、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の使用率は高いです。

 日本よりもはるかに高いと思います。例えばイギリスでフェイスブックが大学生の間で流行り一般的になった頃、日本ではあまり知られていませんでした。  

 主なSNSサービスには、先ほど挙げたFacebook、Twitter、が最も人気があります。友人たちと連絡を取ったりソーシャルイベントをプランしたり、写真や意見をシェアする方法としては優れていますね。

 LINEも使ってくれと言えば使ってくれますが、あまり一般的ではありません。WhatsAppの方が一般的です。

 今日では多数の人が携帯(スマホ)にSNSアプリを入れて外でも使用しています。

パブ

 日本でパブと言うとこれは響きが少し違って聞こえる人もいるかもしれませんが、イギリスの「パブ」は、言わば、日本のファミリーレストランタイプの居酒屋のようなものです。

 日本人が家族でファミレスによく行くように、小さな子供連れでも、イギリス人は家族でこのパブによく行きます。

 「パブ(pubs)」は一般に浸透しすぎていて、既にこれが一つの言葉になっていますが、これは「Public houses」の略です。

 パブは、イギリスの社会文化の中ではとても重要な位置を占めています。イギリスでは、パブで友達や家族との会合を楽しみます。

 ほとんどの各地域には、それぞれの地域のパブがあり、社会活動の中心になっています。

 パブクイズと言うパブで行われるクイズ大会も人気です。その他には、ビリヤード、ダーツなどの伝統的なパブゲームもあります。

 ちなみにイギリス人は、日本人よりも、お酒に強い人種です。彼らは日曜日など、昼間から車で家族づれで、森の中にあるような素敵な雰囲気のパブに行き、美味しいご飯を食べ、お酒を呑み、ベラベラ喋って笑って楽しみます。

  呑めるようになる年齢も早いですね。

 パブやナイトクラブでアルコールを一人で「購入できるのは18歳から」ですが、18歳以下でも、大人がそばにいれば、いくつかのパブでは呑む事ができる場合があります。「ホテルやパブの食事エリアを含むレストランでは、「18際以上の誰かがそばにいる限り、16歳から食事と一緒にワインかビールを呑め」ます。

 日本では、飲酒は全て二十歳からでしたよね。お酒を購入できる年齢/呑める年齢は、試験で見かけたので、よく覚えておきましょう。

 パブは、大抵は日中の11時amから開いています。日曜日は12時から開きます。

ナイトクラブ

 ナイトクラブと言うと、日本ではどこか如何わしい雰囲気が漂っていますが、イギリスでは、ナイトクラブはあの大きな音で音楽が流れていて人々が踊るところです。

 イギリスは、ナイトクラブの発祥地だと聞いた事があります。ロンドンのFabricなどが有名ですよね。有名なDJなどがいます。

 日本のそう言う音楽クラブでは、よく薬物との関係が取りざたされていますが、イギリスでは、このナイトクラブと言うのが”Life in the UK”の教科書に載るほど、イギリス人の生活の一部となっているため、ナイトクラブに行くからといってすぐ薬物に繋がると言う雰囲気はあまりありません。

 退職した夫のお母さんも、退職祝いで会社の同僚と変装をしてナイトクラブに行っていたくらい、国民全体がよくナイトクラブに行きます。

 特になんの罪悪感を持つ必要もなく、イギリス人は楽しみの一貫としてよく行きます。誰かのパーティーや飲み会のあとの二次会は、いつもみんなでナイトクラブ。日本人のカラオケみたいなものですかね。ナイトクラブでは歌を歌えたりはしないですが、とにかく大音量の音楽に合わせて、呑んで、踊ります。

 そこまでダンスの国!と言うほど、国民的に踊りはうまくないですが、イギリス人は日本人よりかははるかにダンスを社交の一つとしています。例えば、私は自分の結婚式でなんの前触れもなく夫とダンスをしなければいけませんでした。そしてみんなの見ている前ですっ転びました。笑。

 ナイトクラブは、大抵パブよりも遅く開店/閉店します。ライセンス保持者がパブやナイトクラブの開店/閉店時間を定める事ができます。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p93 – p93

focal point | n. the centre of interest or activity.

licensee | n. the holder of a licence, especially to sell alcoholic drinks.


By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第135回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.