イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第69回「イギリスの歴史:第二次世界大戦5」

2020/05/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第二次世界大戦5

前回のお話

 さて、前回は、イギリス軍がドイツ軍に勝利した話でした。

 ドイツ軍がソヴィエト連邦を征服しようとして失敗し、その痛手を修復しようとして弱っていたことと、イギリス軍は連合国軍にアメリカ合衆国の軍事勢力を率いれることに成功しました。

 その両方がうまい具合に働いて、イギリス軍はドイツ軍を破ります。

 ではさて、そしてここで日本です。第二次世界大戦での日本の敗北は、イギリスの”Life in the UK”にはどのように記されているのでありましょうか?

 日本と第二次世界大戦

 さて、当時の大日本帝国は、ドイツ軍と同じく枢軸国(Axis Powers)の中の一つでした。

 日本軍は、ビルマでイギリスの軍隊を破り、インドに迫ります。しかし、このドイツ軍が負けた1945年、誰一人として知らない事実はないあの出来事が起こります。

 1945年の8月、アメリカ合衆国が広島と長崎に原子爆弾を投下し、そして日本は敗北します。

 ここで、アーネスト・ラザフォード(Ernest Rutherford)という化学者が出てきます。

 マンチェスターとケンブリッジ大學で働いたこのアーネスト・ラザフォードは、原子分裂の第一人者であり、原子爆弾を発達させたアメリカ合衆国のマンハッタンプロジェクトに参加していました。

 そうして、この第二次世界大戦は、ついに終わります。

 教科書では、ニュートラルな立ち位置を保っているように聞こえますが、私たちは、多分、そういう”Life in the UK”のあり方にも、複雑な気持ちを抱くのではないでしょうか。

 こういう戦争の問題は、もう、読むだけで心が痛くなって病気になってしまいそうなので、本音では触れたくありません。なぜいつの時代も、非人間的なことをするのは人間なのでしょう。

 アレクサンダー・フレミング(Alexander Fleming)

 さて、ここで、イギリス誇る細菌学者が登場します。この時代にご活躍だったのですね。

 アレクサンダー・フレミング(Alexander Fleming) (1881 – 1955)です。

 この人は試験でもよく見かけます。何をした人かちらっと覚えておきましょう。上記のリンクをクリックしてもらうとわかりますが、80年代のアメリカのドラマに出てくるマッドサイエンティストのような出で立ちですよね。笑。

 フレミングは、スコットランドに生まれ、その後10代の頃にロンドンに移住します。のちに、医者の称号を取ります。

 1982年に、インフルエンザ(the “flu”)の研究をしている時に、ペニシリン(世界初の抗生物質)を発見します。

 このペニシリンは、のちに化学者のハワード・フローリー(Howard Flory)とエルンスト・チェーン(Ernst Chain)によって更に発展を遂げ、使用可能な薬へと変化します。

1940年代までに、この薬は大量生産され、1945年に、フレミングはノーベル賞(生理学・医学賞)を受賞します。

ペニシリンは、細菌感染症を治療する薬としていまでもまだ使われています。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p51-p52

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

penicillin | an antibiotic or group of antibiotics produced naturally by certain blue molds, and now usually prepared synthetically:

bacterial infection |A bacterial infection is a proliferation of a harmful strain of bacteria on or inside the body. 

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary 

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第70回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.