イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第155回「イギリス政府と法律:誰に投票権があるか」

2020/08/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

誰に投票権があるか

 イギリスでは、1928年以来完全に民主制の投票制度が行われてきました。現在の投票権のある年齢18歳というのは、(数個の例外を含みますが)1969年に設定されました。全てのイギリスで出生した者、もしくは市民権を取り帰化した成人の市民には、投票権があります。

 イギリスの成人の市民、そしてイギリス連邦アイルランド共和国の市民で、イギリスの居住者である者には、公共の選挙での投票権があります。また、イギリスに住むその他の欧州連合、EU(European Union)における成人市民には、総選挙をのぞく全ての選挙において投票権があります。

選挙人名簿(the electoral register)

 議会選挙や地方選挙、欧州選挙にて投票する事ができるためには、自身の名前が、選挙人名簿に載っている必要があります。

 投票可能だった場合は、地方自治体の選挙人名簿登録オフィスに連絡を取ることによって登録する事ができます。このオフィスは、大抵、それぞれの地域の地方自治体に拠点をおいています。(スコットランドでは異なる場合があります。)

 どこの自治体に行けばいいのか確かでない場合は、www.aboutmyvote.co.ukを訪れ、郵便番号を入力して、探して見ましょう。また、英語、ウェールズ語、もしくはその他の言語で、投票者登録フォームもダウンロードできます。

選挙人名簿は、毎年9月か10月に更新されます。選挙人名簿登録は、各々の世帯に送られます。この書類は、その世帯の投票権のある全てのイギリス居住者の名前とともに記入され、返信される必要があります。

北アイルランドの選挙人名簿登録

 北アイルランドでは異なった制度が適用されています。その制度は、「個人登録(individual registration)」と呼ばれる制度で、投票権のある全ての人々は、それぞれ本人が登録フォームを記入しなければ行けません。

 一度登録されれば、個人情報が変わらない限り、その登記にとどまります。更なる詳細は、北アイルランドの選挙オフィス(Electoral Office for Northern Ireland)のウェブサイト「www.eoni.org.uk」をご覧ください。

閲覧

 法により、監視付きですが、それぞれの地方自治体は全ての人に、選挙人名簿登録を閲覧可能にしなければいけません。選挙人名簿登録は、それぞれの選挙登録オフィス(もしくはイングランドやウェールズの地方議会)に保管されているか、もしくは図書館などの公共の機関に保管されてあります。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p120 – p121

parliamentary election | n. an election to select the members of a national parliament

come under | v. to be affected, controlled, or influenced by (something)

household | n. a house and its occupants regarded as a unit:

provided | conj. on the condition or understanding that: or, (if)

Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary

今日の問題

What must you have done in order to vote in elections

1. paid income tax in the previous year
2. put your name on the electoral register
3. registered your identity with the police
4. passed an electoral test

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!
役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K·T·エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第156回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.