イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第39回「イギリスの歴史:首相の誕生」

2020/04/11
 
ロンドン市内
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

イギリス 初の首相(The Prime Minister)が誕生

アン王女の後継者

 1714年にオレンジ公ウィリアムとその妻メアリーの後継者であるアン女王が亡くなります。

 立憲君主制の始まりにより、王になる人物は国会が指名する権利を持つのでしたよね。

 という事で、国会は、次の王位継承者に、ジョージ1世 (George I)というドイツ人のプロテスタントを選出します。

 このジョージ1世というのは、亡きアン王女の一番近いプロテスタントの親戚に当たる人物であったからです。

 この頃、まだスコットランドのジャコバイトたちが王位継承権はジェームズ2世の息子にあるべきだと訴えて反乱を起こしていました。しかしこの反乱はすぐに鎮圧されます。

ジャコバイトをお忘れの方はこちら↓

首相の誕生

 首相という役割が政府の中でどのように誕生したかというのを、この本は興味深く解説しています。

 それは、アン王女の次の王位継承者であるジョージ1世がドイツ人であったため、英語がうまく話せなかったという事に関わりがあるらしいと言うのですね。

 つまり、このジョージ1世が王位を継承し、王としてやって行くためには、彼が英語が解らないので、彼のアドバイザーである大臣たちにべったりと頼り切らなければならなくなった訳です。

 つまりここで、ドイツ語と英語の通訳ができて、政治手腕にも長けている人材が王の側に必要だと言うことになる訳ですよね。

 そこで、国会のその大臣たちの中でも、更にとびきり重要な職ができて来る。それが首相(Prime Minister)として知られるようになります。

そして、イギリス初の首相になった男と言えば、
ロバート・ウォルポール(Sir Robert Walpole)です。

 この人は、1721-1742年までこの首相と言う職務についています。

たまにはこぼれ話

このイギリス初めての首相について書いていて、私ごとですが、思う事がありましたのでスペースを割こうかと思います。

 本当に事実であったのかどうか知りませんが、ジョージ1世はイギリスの王になりましたので、「英語があまりうまく話せなかったので首相が生まれた」と結論付けられてもまあ、妥当かな、いや妥当ではないかな、とモヤモヤした気分になります。

 英語ができないと言う個人の能力において、英語圏の人間は全てを図りたがりますが、それは彼らの勘違いだと言う事を言いたいと思います。

フランスの田舎で、フランス人相手に、何語で文句を言うべきでしょう?

 一度、フランスを共に旅行中、夫のいとこが大怪我をおってフランスの病院に運ばれた事がありました。

 場所はフランスの田舎でしたので、フランス語しか通じませんでした。

 そこで夫の家族たち(イギリス人)は、病院の看護士に一生懸命に英語で話すのです。ジェスチャーも何もなし、翻訳機を使うなどの努力すらしません。ただ英語でまくしたてます。笑。

 挙句の果て、そのいとこのうちの一人の60代の女性が私に向かって、「この人たちは英語もわからないのよ」というのですよね。

 己の傲慢さに気づいていない人々というのは本当に愚かだなと思いました。

 ここにある事実は、そのフランスの看護士が英語を話せないのではなく、イギリス人のあなた方がフランスにいてフランス語を話せないという事実なのです。

 これを勘違いしている英語圏の人間が多すぎます。

フランスの田舎で、フランス人相手に、何語で文句を言うべきでしょう?

どう考えても、フランス語に決まっていますよね。笑。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p34-p34

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

rely on | v. depend, lean, be dependent, fall back on, resort to, be unable to manage without.

prime minister | n. the head of an elected government; the principal minister of a sovereign or state:

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries

日本語チーターシートは以下をクリック!

今日の問題

Which is correct?

1. the first person to use the title prime minister was Sir Robert Walpole

2. the first person to use the title prime minister was Sir Christopher Wren

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第40回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.