イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第71回「イギリスの歴史:20世紀(The 20th century)の総まとめ2」

2020/06/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

第64回 第二次世界大戦の始まり

1933年、アドルフ・ヒットラー (Adolf Hitler)がドイツで政権を勝ち取ります。

アドルフ・ヒットラー率いるドイツが1939年にポーランドを侵略した時に、イギリスとフランスがこの武力侵略を止めようと、ヒットラーに宣戦布告。

戦争は、「枢軸国」(Axis Powers)と「連合国」(Allies)との間で起こりました。

第65回 第二次世界大戦2

1940年ドイツ勢力が連合国の軍を打ち負かしフランスへ侵入。

ウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)がイギリスの首相になる。

ダンケルクの戦い(Battle of Dunkirk)—イギリス海軍はフランスのダンケルクという地域でドイツ軍に追い詰められます。

 この時にイギリスから沢山の一般市民のボランティアが、小さなレジャーボートや漁船で海軍を援助し、30万人以上の兵士がフランスのダンケルク(Dunkirk)の岸辺から救出されました。

避難作戦は「Dunkirk spirit」(ダンケルクの魂)という言葉を生み出します。

第66回 第二次世界大戦3

1940年の夏 空中戦「英国空中戦 Battle of Britain」勃発

この空中戦で使われた最も重要なイギリス空軍(王立空軍/Royal Air Force)はスピットファイア(Spitfire)とハリケーン(Hurricane)でした。

この英国空中戦でのイギリス側の勝利に関わらず、ドイツ空軍はロンドンや他のイギリスの都市を、夜間に爆弾で攻撃し続けました。この夜間の爆弾攻撃を、Blitzと言います。

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第72回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.