イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第29回「イギリスの歴史:王政復古(Restoration)」

2020/03/28
 
ロンドン市内
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

王政復古(Restoration)

 前回のまとめ

  清教徒革命が行われ、オリバー・クロムウェルがイングランド共和国のロードプロテクターになってその国を統治しましたね。

 オリバー・クロムウェルの死後は、彼の息子、リチャード・クロムウェルが11年間共和国を維持しますが、やはり息子には荷が重すぎてその軍を維持できません。

 そして、人々が王の帰還を望み始めたのでした。

王政復古

 1660年に国会は、半ば国外追放となったチャールズ2世を呼び戻します。そして、彼は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの王チャールズ2世となります。

 チャールズ2世はそれに当たり、「国外に再度移動したい旨はない」(no wish to go on his travels again)事を明確に確約します。

 そして、一般的には、国会は王の意見をサポートしますが、王たるものといえど、いつも望み通り振る舞えるわけではなく、時には国会の同意がいると言う事に納得します。

イングランド国教会は、また公式な国教会として認知され、ローマ・カトリックからもピューリタンからも権力的に距離をおいた国教会へと成長します。

疫病と災害

チャールズ2世の統治時代、1665年、ロンドンに疫病が蔓延します。特に貧民層で何千人もの人々が死にます。

その翌年の1666年、火災が発生し、ロンドン市街地のほとんどを焼き払います。これをGreat fireと言いますね。

 なんとこの火災ではセント・ポール大聖堂(St.Paul’s Cathedral)が焼き払われてしまいます。

なぜかここで著者がまた情報を放り込んできますね。

このセント・ポール大聖堂をデザインした有名な建築家の「クリストファー・レン(Sir Cristopher Wren)」です。覚えましょう。

 ロンドンは、この時に、新しいセント・ポール大聖堂と共に、再構築されます。

 もう一人、覚えておきたい人物がいますね。この2つの災害を記録していたSamuel Pepysです。

 彼の日記にこれらの出来事が記されており、この日記はのちに出版され、今日でも読むことができます。

Habeas Corpus

また、1679年に、人身保護令状(Habeas Corpus)というのができます。

 これは、今日にも残っている法の重要な決定の一つであり、Habeas Corpusというのはラテン語で、「You must present the person in court」という意味です。

 これの示すところは、「法に従わないところでは誰も不当に囚人を捕獲できない。それぞれの囚人は全員が法定審問の権利を有する」ということです。

 よく、刑事ドラマで、逮捕時に犯人に権利を読み上げるところがありますよね。黙秘権があるし、弁護士をつけることができる、などなど。

 囚人や犯人の側の権利というものが考え出された時だったのですね。ということで今日はここまで。

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p30-p30/ The Restoration

さあ読んで行きましょう!試験は全部英語です!!!いつもの英語での英単語の覚え方はこちら「2. 英語で覚える英語のボキャブラリー」をどうぞ!

必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

reign | n. the period during which a sovereign rules

outbreak | n. the sudden or violent start of something unwelcome, such as war, disease, etc

Habeas Corpus | a writ (令状) requiring a person under arrest to be brought before a judge or into court, especially to secure the person’s release unless lawful grounds are shown for their detention:

legislation | n. laws, considered collectively:

By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries

今日の問題

“The Restoration” refers to the re-establishment of Catholicism as the official Church in the 17th Century.

True or False?

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂

英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第30回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、「目次 SiteMap」の「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.