イギリス専門情報サイト英国古本屋。翻訳家のライターが、毎日英文解説。イギリス生活における公的必要書類の書き方を分かりやすく紹介。英語資格試験の情報も多数!

英国古本屋

「毎日英文読解!」で取り扱い中の本(参考書):(毎日月-金:日本時間19:00PM/英国時間11:00AM更新)

第2期目|2020年1月後半から:

『Life in the UK』一発合格勉強法!

第一回「”Life in the UK” 試験の概要」はこちら 

“Life in the UK”の全過去記事はこちら

最近の投稿

カテゴリー

『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第89回「イギリスの現代社会:今日のイギリス 」

2020/06/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

はじめに

 さて、前回までで、Life in the UKの歴史パートが全て終了しました!おめでとうございます!

 結構な内容量でしたよね?一般的なイギリス人でも細かいところまでは覚えていない内容です。

 そして今日から新たに、「イギリスの現代社会(A modern, thriving society)」のチャプターに入って行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

 このチャプターでは主に、私たちはイギリスの人口や文化などを学んで行きます。

今日のUK

100年前に比べ、今日のイギリスは、民族や宗教の両方の意味でもう少し多様性のある社会になって来ました。

 戦後の移民が意味したものは、ほぼ人口の10%に当たる人々の親か祖父母がイギリスの外で生まれているという事でした。

 イギリスは、その様々な色濃い文化と共に、多国籍もしくは多民族社会になり続けています。

 このセクションでは、イギリスの様々なエリア、いくつかの重要な場所についてをお話しして行きます。また、イギリスの伝統や慣習、人気のある行事などについても説明して行きます。

イギリスのエリアについて

イギリスは、ヨーロッパの北西に位置しています。

 その本土(つまり北アイルランドは本土から離れているので)の一番長い距離は、スコットランドの端の北の海岸「ジョン・オ・グローツJohn O’Groatsから、イングランドの南西の角のランズ・エンド(Land’s End)までで、870マイル(約1400キロ)あります。

絵にするとこんな感じです↓

ほとんどの人々は、市街地に住んでいますが、イギリスではまだたくさんのエリアが市街地ではなく、地方です。

 たくさんの人が休日にそれらの地方を訪れ、ハイキングやキャンプや魚釣りを楽しんだりします。

イギリスの都市の名前

 さて、UKは4つのエリアから成り立っているとだいぶ前に学びました。

UKの成り立ちについてお忘れの方は以下をクリック!

 さて、UKの地理を思い出したら、とりあえずは、それぞれの首都についてはきっちり覚えなければなりません。いますぐ覚えましょう。必須です。

イングランドエリア

  • ロンドン(London)—UK(イギリス)の首都(capital city)
  • バーミンガム(Birmingham)
  • リバプール(Liverpool)
  • リーズ(Leeds)
  • シェフィールド(Sheffield)
  • ブリストル(Bristol)
  • マンチェスター(Manchester)
  • ブラッドフォード(Bradford)
  • ニューカーソル(Newcastle)
  • プリマス(Plymouth)
  • サウスハンプトン(Southampton)
  • ノーウィッチ(Norwich)

ウェールズエリア

  • カーディフ(Cardiff)—首都(capital city)
  • スワンジー(Swansea)
  • ニューポート(Newport)

北アイルランドエリア

  • ベルファスト(Belfast)—首都(capital city)

スコットランドエリア

  • エジンバラ(Edinburgh)—首都(capital city)
  • グラスゴー(Glasgow)
  • ダンディー(Dundee)
  • アバディーン(Aberdeen)

ボキャブラリ

“2020 Edition Life in the UK Test Handbook” p61-p63

さあ読んで行きましょう!必須単語は黄色いマーカーの所なので、絶対に覚えてください。

thriving | adj. prosperous and growing; flourishing:

diverse | adj. 1. showing a great deal of variety; very different: 2.including or involving people from a range of different social and ethnic backgrounds and of different genders, sexual orientations, etc.:

multinational | adj. including or involving several countries or individuals of several nationalities:

multiracial | adj. composed of, involving, or representing various races

varied | adj. incorporating a number of different types or elements; showing variation or variety:

nation | n. a large body of people united by common descent, history, culture, or language, inhabiting a particular country or territory:

locate | v. discover the exact place or position of:

capital city | n. capital city is the municipality exercising primary status in a country, state, province, or other administrative region, usually as its seat of government.



By Collins English dictionary , Cambridge Dictionary, Wikipedia, Oxford Dictionaries, Merriam-Webster Dictionary

今日の問題

Most people in the UK live in towns and cities.

True or False?

もしこの記事が何かに役立ちましたら、
下で「いいね!」や「フォロー」をよろしくお願いします!

役立つ情報を毎日更新して行きます!🙂
英国古本屋ライター:K・T・エリーズ

次回

 ではみなさん、よければ、「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!第90回」でお会いしましょう!(以下に埋め込みリンクがない場合は執筆途中です。記事は月-金の毎日、日本時間の19:00PM/英国時間の11:00AM頃更新されます。)

「『Life in the UK』テスト一発合格勉強法!」シリーズの、過去の全記事が、固定ページの「Life in the UK」にありますので、良ければリンクをクリックして、見たい所からご覧ください!

この記事を書いている人 - WRITER -

 略歴:渡英後すぐ、イギリスの某大手IT企業に就職。IT/マーケティング資料/サポート記事の翻訳や校正を現役で担当中。ローカライズ歴5年目。プライベートでは、現地で結婚。夫婦の共通言語は英語。

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 英国古本屋 , 2020 All Rights Reserved.